保健師というのは以外と大事

保健師というのは以外と大事

保健師っていうのは、以外と知られていませんがとても大事な職業なのだそうです。今表立って出て、脚光を浴びている医療系の職業は看護師や、医師などですが、それ以上に身近なところで大事である健康を守ってくれているのがこの保健師といわれている職業のかたがたです。保健師の求人なんかもあんまり見ませんから、知られていなくて当然といえば当然ですかね。
 一番身近な保健師といえば、学校の保険の先生です(これを知るまでは保険の先生は、学校の保険の先生(教師となんら代わりがない)と思っていた馬鹿なわたしが居ました)。

 

身近なところの保健師、言われてみると重要だとは思いませんか?他にも行政のほうで働いている行政保健師といわれる方もいらっしゃり、こちらは保険師の求人が市区町村のほうであった際に就いた方々で、各種健康診断や予防接種などを行ってくれていたり、妊婦や育児に関する相談を受け付けているそうです。いわば、家庭の医学ではありませんが、そういった身近なところに居て、気軽に相談できるお医者さんのようなものだと、わたしは思います。