40代で婚活を失敗しない方がいいわけ

40代で婚活を失敗しない方がいいわけ

婚活という手段があるからいつでも結婚はできるんじゃないかなんて思っている人は少し甘いかもしれません。

 

とくに40歳半ばになってまだ婚活に(詳細はコチラ)精を出しているのならば、失敗しないようにしっかりと確実な活動が求められます。

 

40代婚活で失敗するのは、それ自体がかなり危ういからだと言えます。

 

50代でも婚活に参加して結婚できる人はいたりしますが、そういう問題ではなくそろそろヤバいという精神的な問題が絡んできます。ここで失敗した時に結婚をあきらめてしまったり、無理かもしれないという認識のまま次の婚活へ望んでしまうことになります。

 

こうなると負のスパイラルにはまってしまうことは否定できません。相手が結婚にあまり積極的ではないように見えるのは、失敗が起こすトラウマのような作用をもたらします。すると明言しなくても結婚への欲求が薄い人に雰囲気を感じられてしまうわけです。それはあと一歩のところまで行って、しまいにはダメだったというのを繰り返すのが癖に変わってしまうことでもあります。それを断ち切るのは難しいので失敗がその時限りのものとは考えないようにしましょう。